美容外科病院行く前に・メイン > フェイスライン> 頬脂肪注入法

頬脂肪注入法

【頬脂肪注入法】
脂肪を注入することにより、こけて見えてしまう頬を、ふっくらとさせる施術法。余分な脂肪を注射器で摂取して、頬へ注入します。頬に定着しなかった脂肪は体内に吸収されます。
手術時間は約40分。とても細い針を使うので、傷跡は目立ちません。自分の脂肪を利用するため異物反応がなく安全です。


ここでは、頬脂肪注入法についてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved