美容外科病院行く前に・メイン > 豊胸> 脂肪注入法

脂肪注入法

【脂肪注入法】
自分自身の腹部や大腿部・臀部などから痩せたい部分の脂肪を吸引し、胸に注入する方法です。
特徴としては、自分の脂肪を吸引・注入するため拒否反応がない点や、傷跡がほとんど残らず身体への負担も少ないところです。バストを一回りくらい(注入した脂肪が全て胸に定着するわけでないので、ワンサイズアップが限度)だけ大きくしたいという人や、バッグ等の人工のものを使用するのは抵抗があるという方に適した方法です。

通常の脂肪吸引と同様に極細の管を用い脂肪を採取し、それを注入用注射器に移し変え、バストの脂肪層に少しずつ注入して形を整えていきます。手術の時間は2~3時間ほどで、通常は日帰りで行えます。1週間から10日くらいで抜糸をします。打ち身のような青あざや腫れが出る場合もありますが、約3週間で消えます。


ここでは、脂肪注入法についてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved