美容外科病院行く前に・メイン > 豊胸> 脂肪を注入した場合の注意点

脂肪を注入した場合の注意点

【脂肪を注入した場合の注意点】
注入した脂肪が石灰化してしこりになる場合があるので、乳がんと間違われてしまったり、脂肪定着率が低い場合は、思ったようなサイズアップができないこともあります。
また、大量に吸引した場合、ダイエットを繰り返したり、痩せたり太ったりしてもともと皮膚がたるみがちであった場合や、皮膚の収縮が悪くなっていた場合には、たるむ可能性があります。脂肪吸引を受けたからといって、一生その体型を保持できるとは限らないので、暴飲暴食をしないなど、食生活の管理も大切です。

豊胸術はデリケートな手術なので、問題が起こる可能性が全くないとはいえません。
事前に、どのような問題が起こりうるか確認しておきましょう。


ここでは、脂肪を注入した場合の注意点についてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved