美容外科病院行く前に・メイン > 豊胸> 乳輪縮小

乳輪縮小

【乳輪縮小】
バストに比べてバランスを欠くような大きすぎる乳輪のことを「乳輪肥大」といいます。これはバストの大きい人に比較的多く見られ、乳輪が大きくなる原因は、遺伝による先天的なものや、バストの発育と共に徐々に現れるものなどさまざまです。
手術方法は、局所麻酔をし、乳輪を放射状に数ヶ所切除して、周囲の皮膚を寄せ集めて縫合し、小さく整えます。手術時間は2~3時間程度で、日帰りで行えます。抜糸は1週間~10日後です。
出血しやすいところなので、出血斑が消えるまでは1ヶ月かかります。


ここでは、乳輪縮小についてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved