美容外科病院行く前に・メイン > 豊胸> 陥没乳頭

陥没乳頭

【陥没乳頭】
陥没乳頭とは、へこんでいる乳首のことをいいます。乳頭を刺激すれば出てくる人もいますが、常に埋没している人は赤ちゃんの授乳の時に困ったり、くぼみからバイ菌が入って乳腺炎(乳腺というお乳をつくる器官が炎症を起こす病気)を起こしてしまうこともあります。
手術は局所麻酔で、乳管の機能を残して乳頭を引き出すのがポイントで、傷跡は目立たなく、わずかな時間を利用して手術可能です。
傷が安定する前に強い直射日光や刺激物の影響があるとシミになりやすいので気をつけましょう。また、激しい運動をすると傷が広がる可能性があります。抜糸は1週間~10日後に行います。


ここでは、陥没乳頭についてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved