美容外科病院行く前に・メイン > 脂肪吸引> 脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引のデメリット

【脂肪吸引のデメリット】
目立たない場所の切開なのでさほど気になりませんが、5ミリ程度傷跡が残ってしまいます。
できるだけたるみが出ない方法で行っていますが限度があり、解決法はたるみ取り手術となってしまいます。
手術は麻酔をかけるのでほとんど痛みはありませんが、術後は強い筋肉痛のような痛みが何日か続き、完成までにおよそ3ヶ月かかります。無理な脂肪吸引は脂肪塞栓や静脈血栓をつくる危険があります。


ここでは、脂肪吸引のデメリットについてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved