美容外科病院行く前に・メイン > 豊胸> シリコンバッグ

シリコンバッグ

【シリコンバッグ】
豊胸用バッグとしては最も歴史が長く、世界各国で広く使用されていたバッグですが、バッグが破損し、中身のシリコンが漏れた場合の安全性において多少疑問を持たれていることも事実であり、日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品医薬品管理局(FDA)が使用中止要請を出しました。万一破損した場合、シリコン自体に粘着性があり、取り除くために広範囲に胸部を切開しなければならない可能性があります。
それ以後シリコンジェルバッグはほとんど使用されなくなりました。

現在は安全性を高めるべく改良を加えたコヒーシブ(凝集性)シリコンバッグがよく使われています。感触、安全性、耐久性、アフターケアなど多くの面において従来の人工乳腺よりも優れているといわれています。中身はシリコンジェルですが、以前のシリコンジェルバッグの短所を改良した新しいタイプのシリコンバッグです。
コヒーシブリコンは、粘液状で漏れ出す恐れのあるシリコンジェルに比べ、ある程度の硬化を持たせたもので、バッグが破損した場合でも漏れ出す心配はありません。


ここでは、シリコンバッグについてご紹介しております。
美容整形には、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト等、様々な施術方法があります。素晴らしい技術を持った先生もたくさんいらっしゃいます。しかし最終的には患者さんの事をしっかりと考えてくれて最後まで面倒を見てくれる美容外科病院を選ぶ事が大切ですね。美容整形は人生を変え、幸せを掴むきっかけになってくれるかもしれません。

copyright © 2006 美容外科病院に行く前に - 美容外科病院の選び方~美容整形外科用語 All Rights Reseved